今更ながらオープンリールデッキに力を入れています。

オープンリールデッキ 

Studer, Revox などのヨーロッパ機器だけでなく、Ampex等のアメリカの機器にも力を入れていきます。

初期導入は少々お手間とお時間を頂戴いたしますが、メンテナンス後は、大丈夫だと思います。

基本的にオープンリールデッキは丈夫です。機種にもよりますが、プロ機を中心にまだまだスペアパーツが残って居る場合がございます。その辺は高級と呼ばれるカセットデッキとは異なると思います。ヘッドの欠品は酷いものがありますね。何なりとお申し付け下さいませ。

AMPEX 351 1950年代 ジャズのスタジオで

多く使われたのではないでしょうか?真空管式です。

ヨーロッパの機器にはない、力強いサウンドです。           Studer A807です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA