レコード作成部 立ち上げ予定のお知らせ 

これまでは弊社の事業部は下記の3種でした。

これに加え5月中頃を目途に④レコード作成部を加える事を検討しております。

昨今、アナログブームとは言え、ごく少ないパイの中の一部を捉えての減少であり、

10万枚などといった枚数にはほど遠かったというのが現実ではないでしょうか。

そこで、私たち、丁子屋は出来るだけ枚数(ロット)を引き下げたご注文に対応していく様に

検討を重ねているところです。何故、今更レコード化を考えたのかと言いますと、

ある特定の中古レコード・CDを簡単に纏めた比較表があります。

アナログレコード60万枚に対してCDは140万枚とあります。約80万枚CDの方が多く、

CDの43%程度の販売数しかありません。

大雑把な内訳といたしましては、

アニメソング レコード 1万枚  CD 9万枚

クラッシック レコード 6万枚  CD  14万枚

ジャズ   レコード 8.8万枚 CD   9万枚

ジャパニーズ ヒップホップ レコード 9万枚  CD 67万枚

ロック・ポップス(R&Bやハウス音楽含む)レコード20万枚 CD 40万枚

演歌    レコード3万枚 CD 4万枚 

となっており、顧客の要望として多いのは昔買ったレコードをCDに録音して欲しいという

ものです。場所も取りますが、レコードプレイヤーをお持ちの方は意外に多い様ですが、

CDに切り替えてからはアンプもパワーアンプのみでフォノアンプを搭載していないものが

殆どだと思うのです。フォノアンプも小型のもので数千円位で十分に良いものがあります。

従いまして、新たな新譜は大手が先行しておりますが、過去のCDをレコード化するのも

一つの手段として提案させて頂く次第です。

① (新品・中古)レコード販売事業部

②  音楽用オーディオ機器 販売事業部

③  ライブ企画部 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA